中古トラックを高く売る秘訣

トラックの中古車市場における価値

中古トラック市場には、しっかりした相場というものが実はありません。日本だけでは需要が極めて少なかったからです。走行距離はもちろんのこと、使われ方や架装についてもも千差万別です。すぐにでも欲しい人がいる場合は高価買取され、そうでない場合は、なかなか査定がつかない……。これがトラック売却における従来の常識でした。しかし、発展著しい新興国では、中古トラックの需要が爆発的に急増しています。20万キロ以上走って、日本では買値がつかないようなボロボロのトラックでも、海外では商品となるのです。中でも、道幅の広くないところでも活躍できる小〜中型トラックの要望は留まるところを知りません。
トラックの中古車市場における価値

なぜ日本のトラックは海外で人気なのか?

日本製トラックが海外で重宝されるのは、なんといってもその信頼性と耐久性の高さ。エアコンやワイパーなどが多少壊れたところで完全に走れなくなることはありません。これまで数多く輸出されてきた日本車だけあって、現地で修理するにも部品や実績が豊富。20〜30万キロ以上走った車両でも、海外ではまだ元気に走っています。また、高床式やパネルバン、幌車、それに冷凍車やミキサー車など、架装や特装が星の数ほどあるのも魅力の一つ。国土の狭い日本では特殊装備になるほど欲しがる人が限られてくるものですが、世界に目を向けると実は喉から手が出るほど欲しがっている人たちが山ほどいるのです。パワーゲートやクレーン付きは特に高い人気を誇ります。
なぜ日本のトラックは海外で人気なのか?

トラックの歴史

国産トラックの製造は国の指導のもと、各社合同で第1号車が誕生した戦前までさかのぼります。戦後、GHQの規制により一時途絶えますが、すぐに再開。その後は、高度経済成長期を通じて日本国内そして海外へと数知れぬほど多くのトラックが羽ばたいていきました。特に汎用性の高い小〜中型トラックはその花形で、車種としても三菱ふそうキャンター、日野デュトロにレンジャー、いすゞエルフにフォワード、日産ディーゼル(現UDトラックス)のコンドル、日産アトラス、マツダタイタン……。トヨタのハイエース、タウンエース、ライトエースもトラック仕様があり、今でも新興国では大人気となっています。
トラックの歴史

トラックの自動車NOx・PM法以降の相場

法制面での最大の転機は平成14年10月に始まった自動車NOx・PM法でしょう。また、首都圏環境確保条例などによって、古いディーゼル車両の運行が厳しくなっていく一方となりました。これにより、国内流通向け低年式の中古トラック相場は激変。まだまだ走れるのに買い手がつかないものも出てきました。しかし、そうした車両を海外の人たちが欲するようになったのです。
トラックの自動車NOx・PM法以降の相場

ランクスがトラックを高く買い取れる理由

ランクスは、アジアやアフリカなど新興国を中心とする海外にターゲットを絞り、強固な独自販売ルートを確立しています。現地との太いパイプを持つことでスピーディな流通を可能としているため、無駄なコストを削減。新興国で需要の高い小〜中型トラックや、他の業者では査定のつきにくい型落ちした大型トラックの買い取りに自信があります。
ランクスがトラックを高く買い取れる理由

トラックを高く売却するのに重要なこと

トラック売却に際しては、車検証や印鑑登録証明書といった一般的なクルマ売却に必要な書類に加え、ナンバープレートが緑色の場合は「事業用自動車等連絡書」が必要になってきます。これは事業用に用いる台数増減や入れ替えなどのときに必要となるものです。こうした書類作成についても不明な点は、当社スタッフがアドバイスさせていただきます。
トラックを高く売却するのに重要なこと

10年以上の年式、10万キロ以上のトラックの買取

日本で査定のつかなくなったトラックは廃車するしかありませんが、その際は費用もかかってしまいます。しかし、海外では10年超、10万キロ程度であれば極上扱い、20年・20万キロ以上、たとえ昭和に登録されたトラックであっても頑丈な日本車が必要とされています。そうしたクルマの売却をお考えの場合、ランクスに相談してみることをお勧めします。
10年以上の年式、10万キロ以上のトラックの買取

車検切れトラックの売却

車検切れや不動車の場合でも、ご自宅や御社営業所まで無料査定にうかがいます。また、日本国内では規制で走行が難しくなり、なかなか買い手がつかなくなった旧式ディーゼル車両であっても、海外では関係ありません。新興国輸出に強みを持つランクスなら、そうした車両の買い取りでもお役に立てます。
車検切れトラックの売却